生体分子粗視化モデルの開発と応用

特別利用

生体分子粗視化モデルの開発と応用
利用者氏名:
木寺 詔紀(代表者)、検崎 博生
所属:
社会知創成事業 次世代計算科学研究開発プログラム 次世代生命体統合シミュレーション研究推進グループ 分子スケール研究開発チーム

成果報告書ダウンロード pdf (446,113B)

スーパーコンピュータおよび職員向けサービスの情報を所内外にご案内します