利用が終わったら

利用が終わったら(利用報告書提出のお願い)

 

annualrepJpFY15

1.利用報告書に関して

年度末にあたり下記の通り、平成28年度 (2016年度)利用報告書(以下、「利用報告書」)及び「利用研究成果リスト」 の提出が全課題に義務付けられてます。期限までに提出がない場合は次年度以降の利用が許可されません。また報告書は次年度課題審査の重要な資料となります。

情報基盤センターでは、ご提出頂きました「利用報告書」「利用研究成果リスト」を Web ページにて公開する予定です()。

※なお非公開の必要がある場合は事前にメールで理由をご連絡の上報告書タイトル部分に赤字で非公開と明記してください。

対象課題:
全課題: Q16***, G16***, E16***
なおジョブ実行の実績がない場合も予定と異なり利用をしなかった理由をご提出いただく必要があります。簡易利用のみ報告書提出にて来年度課題作成の手続きが可能です。

報告書の内容は課題代表者の責任で編集を行って下さい。提出書類:「利用報告書」「利用研究成果リスト」「別刷り」(別刷りは提出が不可の場合は結構です)提出方法:受付システム(Web)による提出。所内外どこからでもどなたでもアクセス可能です。
https://accc-desk.riken.jp/request_reports/
※利用報告書のメールでの提出は受領できません。

注:「利用報告書」未提出の場合、課題メンバーの来年度以降のスーパーコンピュータの利用資格が停止になります。また翌年度課題の審査の資料となります。

2.提出書類

年度末に提出いただく書類は以下の web ページからダウンロードできます。web ページからダウンロードできない場合には、電子メールでまでお問い合わせください。

書類名(様式) 形式  様式
 利用報告書 (H-1)、利用研究成果リスト (H-2) (* 注1)
※旧年度様式は受領しません。
word 報告様式2016
論文別刷り (* 注2) PDF

(*注1) リスト中の成果には,理研への所属または HOKUSAIの利用についての記載がある必要があります。

(*注2) 本リストに記載した成果の中で,別刷りが提出可能な場合は提出してください。提出いただいた本リストおよび別刷りは,HOKUSAI全ユーザの分をまとめて「利用成果報告書」としてメディアを制作し配布します。またWebで公開します。 公開に問題がある場合は報告書本文の課題名部分に赤字で非公開とご記入願います。

【参考】
昨年度までの報告書公開Webページ

3.受付期間について

利用報告書、利用研究成果リスト、論文別刷りの提出期限は次の通りです。

2月7日~2月24日午後5時(厳守:以降は受け付けません。)

4.提出方法(Web経由での提出となります)

様式 H-1、H-2 の MS word ファイル形式、別刷りの電子ファイル(PDF など)の提出は、Web 経由で申請受付 システムを利用して行っていただきます。提出手続きはどなたでも行えます。理研所外からVPNを使わずにアクセス可能です。メール、印刷物での提出は受理しません。

https://accc-desk.riken.jp/request_reports/
  • 提出手続きはどなたでも行えます。
  • 理研所外からのアクセスも可能です。(VPN接続は不要です)

スーパーコンピュータおよび職員向けサービスの情報を所内外にご案内します