メールソフトを設定する

 

最終更新日: 2014年10月3日

Postmanを利用する場合は以下の設定情報にしたがって各メールソフトウェアを設定してください。

基本設定情報

メールアカウント あなたの Postmanアカウント名
パスワード パスワード (すべて半角英数字で入力)
受信メールサーバー
(POP3S)
サーバー名 postman.riken.jp
ポート番号 995
受信メールサーバー
(IMAP4S)
サーバー名 postman.riken.jp
ポート番号 993
サーバーにメールを残す 残さない
送信メールサーバー サーバー名 postman.riken.jp
ポート番号 465 (SMTPS)

各メールソフトウエアごとの設定は、以下のリンクでご確認いただけます。

» Thunderbird 

» Apple Mail 

» Windows Live メール   2017年1月10日 サポート終了

» iPad 

用語解説

暗号化通信機能について

  • Postman は、POP、IMAP、HTTP、SMTPそれぞれの暗号化通信(SSL)、POPS、IMAPS、HTTPS、SMTPSに対応しています。
  • 対応するメールソフトウェアを利用することにより、盗聴等によるメールの盗み見を防ぐことができます。

SMTP 認証について

  • 研究所外からPostman経由でメールを送信する際にはパスワード(SMTP認証)が必要となります。
  • SMTP認証の設定方法については、メールソフトウェアのマニュアル等を参照ください。

<!–

サブミッションについて

  • 理研外からPostman経由でメールを送れない場合は、各インターネット接続業者で遮断されている可能性がありますので、サブミッションポートをご利用ください。
  • Postmanではサブミッションポートとして587番を使用していますので、各メールソフトウェアの指示に従いサブミッションポートを指定してください。

–> 

スーパーコンピュータおよび職員向けサービスの情報を所内外にご案内します